古河機械金属グループ

  • TOP>
  • ブラストホールドリルの整備サービス事業を強化。

Newsお知らせ

ニュースリリース2023/10/02ブラストホールドリルの整備サービス事業を強化。

ブラストホールドリルの整備サービス事業を強化 ~北関東地区の整備サービス事業の伸長と人材育成の場に~

古河ロックドリル株式会社は、古河機械金属株式会社が2023年7月に設立したFRD北関東株式会社(栃木県小山市、社長:神宮 彰)において、北関東地区でのブラストホールドリルの整備サービス事業の伸長とメカニック人材の育成を強化するため、10月1日より整備サービス事業を開始しました。

背景と目的

当社は、整備サービス事業として、いわき整備工場(福島県いわき市)と関西整備工場(大阪府西淀川区)にて、主要製品である油圧ブレーカとトンネルドリルジャンボの整備を行っていますが、ブラストホールドリル※の整備工場は自社で有しておらず、全国各地の指定サービス工場にて整備を行ってきました。
栃木・茨城県を中心とした北関東地区では、砕石場が多く、ブラストホールドリルの主要製品でもある油圧クローラドリルが相当数稼働しており、整備サービスを適宜行っていくことが重要になります。これまで指定サービス工場にて行っていた同地区の整備サービス事業を、今後、古河機械金属株式会社のグループ会社であるFRD北関東が行うことで、同地区での整備サービス事業の伸長を図るとともに、当社におけるブラストホールドリル整備技術者の育成の場としての役割も果たしていきます。
具体的には、FRD北関東にてブラストホールドリルの整備技術を有するメカニック人材の育成や新入社員のOJT教育を行う構想で、当社の整備サービス力をより強化し、お客さまへの高品質な整備サービスの提供、更にはカスタマーサクセスの実現につなげていきます。
古河ロックドリルは、お客さまの要望に行き届いた対応をするため、今後も人材育成とライフサイクルサポートビジネスの強化に努めてまいります。

※ブラストホールドリル:発破用の孔をせん孔する機械で、鉱山・砕石・土木工事等の比較的大規模な発破に使われます。当社では、地表にて使用されるクローラドリル、ダウンザホールドリル、ロータリドリルの総称としてブラストホールドリルと呼んでいます。

一覧に戻る